モテたい

男性に好かれるラインの極意!射止める為の11箇条!!

同棲中の彼氏とうまくいかない

男性に好かれるにはラインが大切です!

あなたは男性に好かれるラインはどういうものかご存知ですか?

ここでは、男性に好かれるラインについて詳しく書いていきたいと思います!

男性に好かれる為にラインをフル活用しよう

ラインというのはとても気軽なコミュニケーション手段です。

ラインは直訳すると「手紙」です。

しかし、紙に書く手紙と比べるとごくごく気軽に送れるものです。

ラインを書く手間はパソコンや携帯でタイピングするだけです。

よほどタイピングが苦手な人を除けば、書くよりも楽なことが多いですね。

しかし、簡単なものだからこそあまり何も考えず、なんとなく送っている人が多いのも事実です。

恋愛においては、このラインという手段は何も考えずに、なんとなくで送ると望まない結果をもたらすことになりかねません。

ラインは気軽な手段ですが、実は奥の深いものでもあるのです。

この記事では、男性にモテる女のラインテクニックのうち、より難易度の高い男性に好かれるラインをご紹介したいと思います!

これらのテクニックを身につければ、男性の気持ちを思いのままに操ることだって夢ではありません。

ぜひマスターして、素敵なモテ女になりましょうね!

男性 好かれる ライン

「男性に好かれるライン」攻めと待ち

恋愛は始まったばかりが面白いもの。

相手の性格を想像しながら、引き出しを開けていく作業はドキドキするし、新しい発見がたくさん生まれてくるものです。

いつも男性に事欠かない女性がいます。

小悪魔タイプの恋愛上手な女性です。

このような女性は、自然に男性に対する引き出しをたくさん持っているものです。

相手によりますが、オープンすぎる女性は面白みがなく、女友達としては楽しいけれど女性としては男性にはウケが悪いようです。

また、小悪魔タイプの女性はラインが上手です。

男性の興味をひくようなラインの引きだしを常に持っています。

男性の気をひくことができる、モテるラインはどのように打てば良いと思いますか?

モテるラインも重要ですが、まずは送るタイミングがポイントです!

男性からラインがあった場合、すぐに返信することも必要ですが時には相手を焦らせるために、わざとワンテンポ遅れて返信をすることも男性に好かれるラインです。

すぐに返信することができる女性は、いつでも暇、空いているということを男性にアピールしている様なものです。

ファーストフードのような簡単に買うことのできる、物足りなさを感じる男性もいると思います。

ワンテンポ遅れたラインを送ることで、彼に「いまの時間は何をしていたんだろう」と興味を抱かせる心理的な作用を与えます。

恋愛は攻めと待ちをうまく使い分けることで駆け引きを行っていくものなんです。

安い女だと思われないように、時には待ちの体制も上手に使い分けながら、男性に大切にされる大人の女になってください。

男性 好かれる ライン

「男性に好かれるライン」恋が盛り上がるライン

特定の恋人がいない若い男女が増えているそうです。

自分が大切だと思うあまり誰かと結びつくことが怖い、恋愛に対して臆病な男女が増えているからでしょうか?

それでも、バレンタインやクリスマスなど、愛を深めたい季節になると恋人のいない時間はとても寂しく思えてきます。

少しでも気になる男性が現れたら、恋のテクニックを使って自分の魅力をアピールしていきましょう!

ですが、直接会って話すのが苦手だという女性は多いもの。

気になる男性を目の前にするとドキドキしてしまい、思ったことの半分も言えないなんてこともありますよね。

その点相手の顔が見えないラインは、直接話さない分だけ「ありがとう」や「ごめんね」などの基本的な愛情表現が伝えやすいツールの1つでもあります。

男性の気持ちを近づけるためには、そんな基本的な愛情表現を上手に使い分けることが大切です。

年下の男性はラインの使い方も慣れていますので、少しくらい絵文字や可愛い装飾のラインを意識してもOKですが、年上の男性や知り合ったばかりの男性には装飾ばかりのラインが恋愛に発展するとは限りません。

適度に知性を感じさせる、大人の女を意識したラインが男性に好かれるラインです。

特にプライドが高い男性にとって、絵文字が乱用されたラインは不快に感じられるようです。

相手の年齢や立場を考慮して、相手に好感が持たれるようなステキな文章を送りましょう!

男性 好かれる ライン

「男性に好かれるライン」清潔感

世の中には「モテる女性」とそうではない女性がいるものです。

同性の目から見て、容姿端麗でもスタイル抜群でもない女性が、時として「モテる女性」だったりします。

特に目立った容姿やメイク、スタイルをしているわけでもないのに、どうして男性にモテモテなの?

その答えは清潔感にあったりします。

女性はモテたい一心から、メイクを頑張りすぎたりオシャレを頑張りすぎたりします。

けれど実はこれがNGなこと。

身だしなみはもちろんのこと、世の多くの男性控えめな女性が好きなんです。

今は多くの男性が恋愛に消極的な草食系。

彼らはあまりオシャレすぎる女性やメイクテクニックがうますぎる女性に対して、一線を引こうとします。

同性の目から見て、メイクやオシャレをしている女性は憧れの対象です。

けれど、男性にとっては華やかすぎる女性よりも、清潔感のある女性の方が好印象を持つんです。

それは何故か?

男性は自分が可愛いあまりに、華やかすぎる女性に対して自分が傷つくのが怖いからです。

そんな男性たちにとって、積極的すぎるラインや強引な誘いは警戒を与えてしまうポイントになってしまいます。

出会ったばかりの男性に対して、絵文字や装飾がたくさん入りすぎたラインを送っていませんか?

「男性慣れしてそう、男性友達が多いのかな」と思わせてしまっては、デートの約束も取り付けられません。

「男性に好かれるライン」を身に付ける為にも、丁寧に落ちついた印象のラインを送るように心がけてみましょう。

男性 好かれる ライン

男性に好かれるラインテクニック

好きな人のラインをゲットしたけど、どのようにアプローチしていったら良いのか分からない。

そんな時には、男性のハートをがっちり掴む好かれるラインテクニックを知っていると、恋愛を上手に進めていくことができます!

好かれるラインと言いますが、要するに彼への思いやりと愛情を忘れないラインを送ることが一番大切です。

飲み会の後なら、「おごってくれて、ありがとう。」

仕事の後なら「お仕事、おつかれさまでした。」

デートの後なら「楽しいデート、ありがとう。」

このように自分の気持ちをストレートに伝えることが、男性にとっては一番心に響く好かれるラインです。

直接顔や表情が見えないからこそ、文字に分かりやすい「ありがとう」や「おつかれさま」などの感謝の気持ちを含ませて文章を送ります。

男性は女性よりも単純な生き物ですから、このような分かりやすいシンプルなラインが大好きです。

また相手が読みやすいように、文章が長くなったら空白を入れて改行をすること。

自分が受け取って嫌な気持ちにならないか、読みにくくないかなどを考え、見直してからラインを送るようにしましょう。

ラインの怖いところは、一度送信ボタンを押してしまったら、取り返しがつかないことです。

相手のアドレスを間違えていないか、誤字脱字がないかもチェックしてから、送信するクセをつけておきましょう!

男性 好かれる ライン

「男性に好かれるライン」サプライズ

文章には思った以上に、その人の考え方、知性や性格が現れます。

どうせなら、好かれるラインを打って、もっと彼と親密になりたいですよね?

そんな時はサプライズが効果的です!

ラインでサプライズ?と思うかもしれませんが、簡単です。

文章だけなら味気ないものの、たとえば実家に帰った時の写真、友達とお茶しに行った時の写真など、文章に添えて送ると、より彼のイメージが膨らみやすくなります。

写真も立派な好かれるラインの1つです!

また、最近ではボイスラインが送れます。

ボイスラインは、自分の声をそのままラインの形で送れるというものです。

「誕生日おめでとう」「お仕事おつかれさま」

特別な日や普段の何気ない時にも声に託して送信すると、男性にとってはとびきりのサプライズです!

マンネリだった2人の関係もこうした好かれるラインをうまく使い分けて、時には新鮮なサプライズを楽しんでいくことも大切です。

たとえ離れていても、仕事が忙しくてあまり会えなくても、ラインは2人を結びつけてくれる必要アイテムです。

2人の愛がもっと高まるように応援しています。

男性 好かれる ライン

「男性に好かれるライン」お願い

気になる男性が現れてラインを交換したものの、それから先がうまくいかないと悩んでいる女性はいませんか?

例えば、ラインを送ったのにそのラインに対して返信がないのは、返信する要素がないラインか、それとも自分に全く気がないのかどちらかです。

自分に気がない場合はともかく、彼がたまたま返信する必要性を感じなかったらラインを送っていたとしたら本当に勿体ないですよね。

彼が思わず返信をしたくなるような小悪魔的なラインを作成できるのも、男性に好かれるラインテクニックです。

男性の多くは少なからずプライドを持っています。

そして、頼られたりお願いされることが大好きです。

特に自分が周りの男性よりも優れていると思っている話を聞いてくれたり、誉めてもらえたりすると、とたんに嬉しくなります。

女性も話をすることが大好きですが、好きな男性ができたら自分の話は二の次です。

まずは相手の男性の自慢話に耳を傾けるように努力するのがモテる女性として大切です。

映画を観るのが大好きな男性であれば、

○○君は映画が大好きだったよね!私は△×を観たよ(*´ω`*)アクション系で面白い映画があれば教えてね♡」なんてラインを送ります。

映画が大好きな彼は、間違いなくおすすめのアクション映画を教えてくれるはずです!

このように、相手の長所を押さえながら上手に相手に質問をするお願いラインを送るのも、男性に好かれるラインテクニックです。

男性 好かれる ライン

「男性に好かれるライン」駆け引き

合コンや友人の紹介などで気になる男性に出会い連絡先を交換したら、すぐにでも電話やラインをしてみたくなるものです。

ですが、気になる彼がほかの女性からモテそうな、女性に不自由しなそうな男性だとしたら
ある程度の恋愛テクニックが必要かもしれません。

では、女性に好かれそうな人気のある彼を射止めるためには、どのようなアプローチを行っていけば良いのでしょうか。

1つは、わざと「彼の心を焦らせる」ことが大切です。

モテモテの男性は、ほっておいても女性からアプローチされたり連絡がきたりすることに慣れています。

彼と連絡先を交換しても、積極的なアプローチはわざとやめて、少し間をおいてラインや電話をしてみましょう。

追いかけるよりも、彼を追いかけさせるシチュエーションに持っていくことが好かれるポイントです。

また、彼からのラインが来たとしても、すぐに返信したい気持ちをぐっとこらえて、半日など間隔を空けて返信をするのもポイントです。

あれっ、この女性はすぐに返信してこなかったけど、ほかに男性がいるのかな」なんて彼の心はざわざわと落ち着かなくなります。

簡単に釣れる魚より、そうでない魚に、モテる男性は夢中になるものなんです!

男性 好かれる ライン

「男性に好かれるライン」時には強引・時には選択させる

デートのやりとりや、普段のやり取りは、すべてラインで済ませている。というカップルが増えています。

付き合ってもう何年にもなる2人なら、ぶっきらぼうなラインでも、コミュニケーションは成り立ちますが、出会ってばかりの2人ならそうはいきません。

男性に好かれるラインは時と場合です。

少し優柔不断な彼の場合は、ある程度女性が積極的に進めていくことが大切です。

恋愛はその時の直感とスピードが勝負の場合もあります。

もたもたしているうちに、新しい女性が現れて彼が心変わりしてしまったなんて事にならないように、好かれるラインで彼の心を射止めましょう!

また、デートに誘ってくれない彼に対して早く関係を進めたい時には、「今度会おうね」などあいまいな表現は使わない方が無難です。

その今度は社交辞令にうつってしまい、彼から何のリアクションもない場合が多いからです。

本当に彼のことが大好きでデートをしたいなら「話題のレストランに行ってみない?土曜日か日曜日、どちらが都合が良い?」と聞いてみます。

または「話題のレストラン街ができたんだって。和食かイタリアン、どっちが好き?」と聞きます。

どちらも、デートに行くことを前提としながらも、彼に選ばせる権利を与えています。

選択性にすることで、強制力が薄れた感じがしませんか?

やわらかい口調で、彼の心を少しずつ自分の手元に引き寄せるのも男性に好かれるラインの1つです。

男性 好かれる ライン

遠距離恋愛のラインテクニック

素敵な出会いをものにして次のステップに踏める女性と、その場限りの女性がいます。

仕事にプライベートに忙しい現代の男性は、恋愛に関して時間をさけないのが本音です。

まだ付き合ってもいないのに「私はこんなに好きなのに、どうして彼は連絡をよこさないの?」とイライラしていませんか?

忙しい彼のことをいたわりながら、時間をかけて愛をはぐくむ姿勢を大切にしていきましょう。

遠距離恋愛の彼と、上手に恋愛を進めていくコツがラインです。

会う時間があまり無い2人にとって、お互いの近況や今の気持ちなどを落ち着いて表現ができるのがラインです。

言葉に出すと感情的になりそうな一言も、ラインにすることで冷静に自分の気持ちを伝えることができます。

あまり会えないことは辛いですが、会えない時間を自分磨きの時間とポジティブに考えて前向きに恋愛を楽しんでいきましょう。

「この前は会えて楽しかったよ。今日から会社帰りに英会話教室に通うことにしました。まだ発音は上手じゃないけどね。広島のお好み焼きは美味しいかな?」

自分の近況と、相手の今のポジションを尋ねる文面です。

1人の時間は寂しいけれど、自分なりに上手に時間を作っているということで彼の気持ちを安心させましょう。

会う時間が少ない分、ほかのカップルよりも頻繁に、コミュニケーションをはかっていくことが長続きさせるコツです。

2人の気持ちが離れないように努力をしていきましょう!

男性 好かれる ライン

「男性に好かれるライン」言葉の面白み

男性がほって置かない女性がいます。

小悪魔と呼ばれるタイプの女性です。

それほどスタイルも美貌も優れたわけでもないのに、男性の心をしっかりと掴むことができる女性です。

心を掴むというのは、言い換えれば男性への気配りができるということです。

銀座のクラブのナンバー1の女性は、それほど美人ではない場合があります。

美人は3日で飽きると言いますが、そうではない女性は面白みがあり男性にとっては魅力的にうつる場合があります。

結果的に、何もしない美人の女性よりも、心くばりのできる女性の方がモテるというわけです。

自分のスタイルや美貌に少し自信のない女性でも、ちょっとした心くばりでモテるようになれると聞けば、少し前向きになりませんか?

これを男性とのラインに落とし込んでみましょう。

単調な文面では面白みがなく、興味をひかないので好かれるラインとは言えません。

ではどうしたら良いのでしょうか?

例えば、カタカナとひらがな、漢字をうまく使い分けるのも好かれるラインテクニックです。

会社で上司に怒られてしまったことを彼にラインする時に、

会社で上司に叱られたから落ち込んでるよ

会社で上司にしかられっちゃった~。ショック~。。

さて、どちらの文面の方が読んだ相手は気軽に読めるでしょうか。

適度にカタカナやひらがなが混じった方が明るく読めますよね。

相手の気持ちを明るくするラインが、ずばり男性に好かれるラインです。

男性 好かれる ライン

「男性に好かれるライン」想像させる

何事もやたらとガツガツした態度は人間を見ると引いてしまうものです。

恋愛関係にも同じことが言えます。

女性でも、男性との関係において、やたらとガツガツした感じのある女性はモテないものです。

ラインで考えてみましょう。

何度も言いますが、男性から来たラインに対して、やたらとすぐに返信することはガツガツしている印象を与えかねません。

このような行動は、男性にもてたい女性の行動としは良いものとは言えません。

あえてすぐに返信できるような状況であっても、少し時間をあけた後に返信するというような配慮も必要です。

すぐにラインを返してしまうと、相手の男性も「えっ、もうきたの!」とびっくりします。

場合によっては、ガツガツしているなという印象を与えてしまいますし、「他にすることないのかな。趣味とかなくて男性にモテることしか考えていないのかな。」という風に思わせてしまいかねません。

そのように思われてしまうと、残念ながら引かれてしまいます。

もちろん、男性にもいろんな方がいますから、一概に言えるものではありません。

女性経験の少ない、あまり女性からモテたことのないような男性の場合、すぐにラインの返事が来ることによって、「自分のことに興味をもってくれているんだ。うれしいな。」とそのままうまくいくようなこともあるはずです。

しかし、そのような男性ばかりでもありません。

モテる女性になりたければ、男性からのラインにはすぐには返信せず、少しは間を空けてから行う方が無難です。

そうすることによって、ラインを送って返信を待っている状態の男性には、女性のことを想像する時間できます。

返事まだかな?

ライン見てくれたかな?

忙しいのかな?

何してるんだろう?

などと、返事を待っている間に男性は女性のことをいろいろと想像するんです。

この時間を与えることが、男性の気持ちをあなたに振り向けるためには非常に重要です。

好かれるラインは返信のタイミングを調節する効果抜群ですね!

男性 好かれる ライン

男性に好かれるラインまとめ

ここでは、男性に好かれるラインについて書いていきました。

男性は女性が思っているよりも単純な生き物です。

「♡」が入っているラインを送るだけでも意識してくれるようになるものです。

男性に好かれたいのであれば、自分が送られて嬉しくなるような返信したくなるようなラインを男性に送ってみて下さい。

そこから反応をさぐり、修正・変更していけば良いと思います。

気になる男性の心を射止めたいのであれば、相手の心を心地よくさせてあげましょう!

男性 好かれる ライン
ABOUT ME
ゆずぽんず
ゆずぽんず
恋愛でいっぱい悩んできた私だからできることがあると思ってこのサイトを立ち上げました。あなたの叶えたい願いをサポートできたらと思っています(*´ω`*)/
関連記事