出会い

いつ運命の人に出会えるの?焦っている結婚適齢期諸君へ捧ぐ!

夫婦生活 合わない

いつ運命の人に出会えるのと焦っていませんか?

結婚適齢期ともなるとその焦りは大きくなってしまします。

ここでは、いつ運命の人に出会えるのか悩んでいる方に向けて、考え方について書いていきたいと思います!

あなたに必要だったから出会った

この世の中で「偶然の出会い」などという人は、誰一人としていません。

必ず何か縁があって出会うのです。

初めて会った人に、どこか懐かしさを感じたときはその縁を大切にしましょう。

2人がハッピーエンドになるとは限りませんが、大切な縁であることは確かでしょう。

その人からは、何か大きなものが学べるはずです。

出会いというものは、その人があなたに何かを教えるために出会わせたのだと考えると、どんな関係も前向きに考えられるようになります。

そういった気持ちで、人と接すると得るものも大きいはずです。

初対面の人と会うとき、その人とどんなつながりがあって、どんな学びがあるのだろうと考えると人との出会いも楽しいものになるでしょう。

出会うチャンスに恵まれない

「恋人ができないのは、出会う人に恵まれないからだ」と思うこともあるかと思います。

しかし、あなたが出会う人は、今のあなたと同じ波長(心の心境)の人なのです。

「類は友を呼ぶ」まさに、その通りです。

「私の周囲は嫌な人ばっかりで、素敵な人はいないわ」というのは、「私ってなんて嫌な人なんだろう」といっているのと、同じようなものなのです。

「自分の周囲の人」と「自分」は同じようなんだということに気づいてください。

そして、「自分の周囲の人」と「自分」は、同じようなんだということに気づいたら、変わる努力をしましょう。

すると、出会いが変わってきます。

「私の周囲には、素敵ないい人が多いのよね」と、言えるように、努力したいものです。

いつ運命の人に出会えるのと考えているのであれば、まずは自分を変えて、あなたの波長を一段レベルアップさせてあげましょう。

いつ運命の人に出会えるの

人生は念力とタイミング

独身時代は結婚に向けて種をまく時期だと考えましょう。

運命の人と出会いたいと嘆いている割には、行動範囲が狭かったり新しい人と出会う場に出かけていなかったりする人がいます。

意識的に運命の人と結婚するための種をまきに、外へ外へと出かけて行くようにしましょう。

待っていれば白馬に乗った王子様が訪れてくれるのは物語の世界だけです。

人がたくさんいる場所に出かけていくことが大切なので、できるだけ出会いの範囲を狭めないようにしましょう。

次に大切なのは、念力とタイミングです。

出会いなんて期待できないなどという、マイナスなイメージはタブーです。

必ず出会いがあると念じてください

そして、出会ったらタイミングを見計らって思い切って飛びこむ決意が必要です。

出会っているのに引っ込んでしまっていると、相手のほうが待ち切れず去って行くこともあります。

いつ運命の人に出会えるのかと悩んでいるのであれば、念力とタイミングがとても重要なのです。

いつ運命の人に出会えるの

独身の自分を楽しむ余裕をもつ

結婚したいけれど、なかなか運命の相手とめぐり合えなかったりすると、願望がふくれあがってしまいます。

そうなると、必至に合コンやお見合いを繰り返してあせってしまうというのはナンセンスな話です。

そういうときはかえって良縁には恵まれないものです。

いつ運命の人に出会いを焦っている人こそ、今ある大切な独身時代を大切にしてください。

結婚をして子どもができれば、海外旅行だって簡単には行けなくなります。

二人暮しが始まれば、離婚しない限り独身時代はもう一生訪れないのですから、今しかできないことを真剣に取り組みましょう。

独身を楽しんでいると、自然に相手も見つかるものです。

今しかできないことを、いろいろとやっていると異性と出会う機会も増えて行くからです。

いつ運命の人に出会えるのと思っているのであれば、どんどん行動して独身時代を楽しみましょう。

シングルか結婚かを悩んだときに考える

失恋をしたときや、運命の人になかなか巡り合えないとき「独身のままでもいいかな」と考えることもあるでしょう。

独身でも結婚をしても、どちらの人生もよいものだと思います。

ただし、自分自身で独身を選択するのか、独身に逃げ込んでしまうのかということは大きな違いです。

結婚していても同様のことが言えるのですが、独身の人は自立心と自分に対する責任を持って自分で生きて行かなければなりません。

それは、既婚者と比べればより気持ちを張って生活をしなければならないということです。

積極的に独身を望むのであれば、それはすばらしい生き方なのです。

コンプレックスやトラウマによって独身のままであるとしたら、それは改善していかなければあなたのためにもなりません。

自分に自信がなかったり、過去にあった失恋をいつまでも引きずっているのは、実は結婚を恐れているだけなのかも知れません。

克服すべきトラウマを隠して、独身でも生きていけると強がるのは、自分自身に嘘をついていることになるのです。

今は独身の人が男女問わず多いです。

何かの目的を持って生きているがゆえの独身なのか、ネガティブな恐怖に捕らわれているのではないかよく考えてみましょう。

もし、ネガティブな恐怖に捕らわれているのであれば、1日も早く考え方を改めて抜け出し、結婚を前向きにとらえるようにしましょう。

いつ運命の人に出会えるの

運命の人に出会うには小さなチャンスづくり

いつ素敵な恋人、いい恋愛ができるようになるのでしょう。

待っているだけでは恋愛のチャンスは巡ってはきませんが、極端に張り切りすぎるとほとんどの男性は引いてしまいます。

恋人を作るために大切なポイントは、大げさでなくてよいからあなたのできる小さな何かをしていくことが大切です。

例えば、気になる人が周囲にいるのであれば、直接猛アタックをするのではなく彼を含めて何人かを合コンに、さりげなく誘うのも小さなチャンスを作るきっかけになります。

気になる相手が存在しないのであれば、管理のしっかりしたインターネットサイトのサークルに参加をしてみたり、友だちとカジュアルなカップリング・パーティに行くというのも、小さなチャンスを作る方法でしょう。

黙って家にいて、何も行動を起こさなくては、出会う機会もありません。

まず勇気を出して、一歩外に出てみましょう。

そして、外へ働きかける「小さな何か」をしてみましょう。

いつ運命の人に出会えるのかはあなた次第なのです。

理想が高すぎると恋愛は遠のく

なかなか恋人ができない人に、理想の男性像を聞いてみると「明るくて優しい、一緒にいて楽しい人。でも、収入もそこそこあって、年に1度は海外旅行に連れて行ってくれるような人」などと、絵に描いたような男性像を挙げる人が多いようです。

そういう素晴らしい男性は、現実的にはとても少なく、仮に、存在したとしても既に恋人がいるか、結婚をしている場合が多いのです。

たとえ、高すぎる理想にピッタリな人がフリーで恋人を探していたとしても、当然倍率は高く、確率を考えると恋人同士になることは非常に難しいでしょう。

高すぎる理想を持っている、高すぎる理想の人を探している人は、異性を遠ざけてしまい、なかなか恋人ができないのです。

人と接するのに疲れを感じる日には

人と話をするのが、おっくうになったり、気になる相手からの誘いに出かけるのも気が進まなかったりすることは、ときどきあるものです。

とりわけ、「煩わしい」「面倒だ」と強く感じるとき、その原因が疲れにあることが多いのです。

疲れてしまって、自分の気力が弱まっていると、人と接するときに、人からのエネルギーをはね返せなくて疲れてしまうのです。

そういうときには、何よりも休息が必要です。

無理してつきあうのではなく、相手に謝って家で疲れをとるようにしましょう。

家でゴロゴロしてもいいし、気分転換に散歩をするのもいいでしょう。

植物に触れることは、リフレッシュにもなるし、植物からパワーをもらうことにもなります。

病人にお花を持っていくのは、病人の心と体を慰めてくれるからですではないでしょうか。

ゆっくり休んで、心も体も癒していくようにします。

そして、少し疲れがとれたら、自分自身を内観してみましょう。

なぜ人が煩わしいのか、その理由を考え、人がいるからこそ自分も磨かれるということを思いだしてください。

運命の人と出会った時に自分が疲れていては元も子もありません。

疲れがとれて気力が回復したら、元気に外へ出ていきましょう。

煩わしさよりも楽しさを大きく感じられるようになっていることでしょう。

いつ運命の人に出会えるの

いつ運命の人に出会えるのかは一歩を踏み出してみてから

恋愛をするにあたり、最初の一歩というのは怖いものです。

フラれたらどうしよう、傷つきたくないからやめよう、などと恋愛に臆病になってしまいます。

最初の一歩を踏み出せずにいる女性は多いと思います。

しかし傷つくことを恐れていたら何も進歩はありません。

いつ運命の人に出会えるのかは最初の一歩を踏み出すかどうかです。

幸せを手に入れるためにはリスクもつきものです。

恋の駆け引きを楽しめるぐらいの度胸がなければ好きな人は手に入りません。

また、傷つくことによって得られるものが多いのが恋愛です。

傷つくことを知らなかったら人に優しくする事も思いやる事も出来ません。

結果を考えず、まずは一歩踏み出すことから初めて下さい。

運命の人と出会うには被害者意識や妄想を捨てる

女性に多くありがちなのが被害者妄想です。

彼にされることすべてマイナスに被害者意識で受け止めてしまうのです。

どうして自分ばかりこんな目に合うのか・・・と思っているのです。

いつでも非は彼にあり、自分は正しいことをしている。

そんな考えの元ではどんな恋も上手く行きません。

被害者意識は彼にとって苦痛以外の何ものでもありません。

被害者意識からくる言葉や行動は彼を苛立たせ、やがて信用問題になり破局を迎えるだけです。

好きだから不安になる気持ちは分かりますが、それと被害者意識とは別物です。

いつ運命の人に出会えるの

相手の欠点が気になり長続きしない

「告白されて交際が始まった」「大好きでアタック、恋が叶った」つき合ったキッカケはいろいろありますが、つきあうということは、少なくとも嫌いな相手ではなかったわけです。

でも実際につきあいを始めると、なぜかその人の欠点が気になってしまう。

それでも、好きだから注意ができなかったりしてドンドン気持ちが冷めていく。

相手の欠点がどうしても気になってしまい、恋愛が続かない人はいるものです。

心理学的に見れば、好きな人には自分自身の嫌いな部分が投影され、だからこそ、相手の欠点が気になってしまうということがあるそうです。

たとえば、「彼って時間にルーズだから嫌なのよ」と思うのは、自分の中にある「時間にルーズ」な面が許せないから、そういう人を見ると我慢ができないのです。

他人の欠点が目に付くのは仕方がないことでもあります。

相手の欠点が見えたときにはすぐ、「ダメだわこの人」「嫌だわもうつきあえない」と分かれてしまうのは、ちょっと判断が早すぎるのではないでしょうか。

そんなことでは交際が長続きしません。

デート中にさりげなく、相手の欠点を軌道修正してあげましょう。

自分も含めて、人間には誰でも何かしらの欠点はあるものなのです。

恋愛には競争も損得の計算もない

恋愛は人間の成長に大きく役立ち勉強になります。

1つは、自分をアピールすることができるようになることです。

「私は映画が好きですが、あなたはどうですか?」「一緒に食事でもしませんか?」など、自分が相手と何をしたいのかを、自ら打ち出していかなければ前に進みません。

そして、自分がアピールしたことが、否定されること心の中で自己納得できるようになることが、人間成長の上でも貴重な経験になります。

また、自立心も育ち柔軟性がますことによって人間に丸みができるということです。

恋愛関係というのは、実に不安定で不確実さに満ちた関係です。

この不確実さに耐える能力を恋愛を通して育つと、恋愛意外でも人間関係で不安を感じることが少なくなるでしょう。

恋愛関係には競争もなければ損得の計算もありませんので、あるがままの自分を安心しきって表現することができ人間に希望と活力をあたえてくれます。

また、恋愛を通して自分がどんな人間なのか自覚を養う機会となるのです。

いつ運命の人に出会えるのかまとめ

ここでは、いつ運命の人に出会えるのかについて書いていきました。

運命の人と出会うには、行動あるのみです。

また、運命の人というのは自分の理想の相手とは異なる可能性があります。

権力や財力が理想とかけ離れている人であっても、あなたがあなたらしく振舞える人が運命の人だと思うのです。

あなたが笑顔でいられるような素敵な人を探して下さいね。

いつ運命の人に出会えるの
ABOUT ME
ゆずぽんず
ゆずぽんず
恋愛でいっぱい悩んできた私だからできることがあると思ってこのサイトを立ち上げました。あなたの叶えたい願いをサポートできたらと思っています(*´ω`*)/